映画『ロッキー』の聖地・フィラデルフィアに行ったお話【ロッキー・ステップ】

2022年2月23日

 

 

2012年、夏ー。

 

どうしようねえ…。
新婚旅行の行き先。
ヨッメ

 

サツキ
うーん…。
迷う……。

 

僕と妻は、新婚旅行の行き先について話し合っていました。

 

サツキ
……あっ!

 

なに?
いい場所思いついた?
ヨッメ

 

サツキ
フィラデルフィア……!
フィラデルフィアはどう!?

 

……は?
(どこそれ?
ヨッメ

 

 

そんなわけで。

今回は、新婚旅行でフィラデルフィアに行った思い出話を。



なぜ、フィラデルフィア?

 

新婚旅行の行き先に、僕がフィラデルフィアを猛プッシュした理由。

それは…

 

サツキ
ロッキーの大ファンだから!

 

 

10秒でわかる”ロッキー”

1976年制作のボクシング映画。

ゴロツキボクサーのロッキーが、ひょんなことから世界チャンプに挑むお話。

各国の映画賞を総ナメ。無名だった主演のスタローンを、一躍スターダムに押し上げた。

 

サツキ
そんなロッキーの舞台となったのが、他でもないフィラデルフィア!!

 

ロッキーファンにとって、フィラデルフィアは聖地そのもの。

死ぬまでに、絶対に一度は行きたい場所でした。

 

そんなわけで。

「マカオのカジノに行きたい」という嫁を必死に説得。

長い交渉の末、なんとかOKをもらえました。

 

感謝しなさいよ。
私、ロッキーに興味なんてないんだからね。
ヨッメ

 

サツキ
はい……。

 

かくして、僕と妻はアメリカへ飛び立ちました。

2012年、12月のことです。

 

 

アメリカへ

 

旅行はニューヨークからスタート。

自由の女神を見に行ったり、セントラルパークを散策したり、本場のハンバーガーを食べたり…

とても充実した時間を過ごしました。

 

そして迎えた、2日目の朝。

僕と妻は、ペンシルベニア駅のホームにいました。

理由はもちろん、フィラデルフィアへ向かうためです。

 

サツキ
生で見る自由の女神、感動したね。

 

うむ。
セントラルパークも自然が多くて良きだった。
ヨッメ

 

僕も妻も、人生初の海外旅行でした。

目に入るものすべてが新鮮で、刺激的。

いつもにも増して、会話が弾んでいた記憶があります。

 

やがて、電車がホームに到着

 

じゃ、着いたら起こしてね。寝る。
ヨッメ

 

サツキ
あ、ああ。了解。
(初海外の初電車でよく寝れるな……)

 

ニューヨークからフィラデルフィアまでの距離は、およそ150km。

電車で1時間半ほどの道のりです。

 

電車が動き出して、すぐに爆睡するヨッメ。

その隣で、僕は窓の外の景色をぼんやり眺めていました。

 

 

フィラデルフィアへ到着

『30丁目駅』

 

わお。
めっちゃキレイな駅ね。
ヨッメ

 

サツキ
……。
(いろんな感情が大渋滞中)

 

ほら。
ボケっとしてないで行くわよ。
ヨッメ

 

ヨッメに引きずられるようにして、駅を出ました。

 

 

目の前に広がる、フィラデルフィアの街並み。

 

ぶっちゃけ、なんの変哲もないフツーの街並みですよね。

けど、僕にとっては、夢にまで見た特別な街並み。

 

しばらくのあいだ、その場に立ちつくしてしまいました。

 

駅の外観

 

駅の裏手には、ロッキーの息子が働いてたビルも。

 

いつまで突っ立てんのよ。
ほら、行くわよ。
ヨッメ

 

サツキ
あっ、ああ…はい…。
(血も涙もないな…)

 

 

旅の目的地

『ロッキー』のワンシーンより

 

この旅の目的地。

それはフィラデルフィア美術館です。

 

サツキ
ロッキーを真似て、そこでガッツポーズするのだ!

 

駅から美術館までの距離は、およそ2キロ。

「タクシーで行こうや」と言う嫁を引き止めて、歩いて行きました。

 

フィラデルフィアの街並み①

 

フィラデルフィアの街並み②




 

やがて、美術館へ続く大通りに出ました。

ロッキーがトレーニングシーンで走っていた、あの大通りです。

 

 

サツキ
おおお…
映画で観たのと同じ光景…!!

 

なんとなく、ロッキーのセリフが脳裏をよぎりました。

 

「人生ほど重いパンチはない。
だが大切なのは、どんなに強く打たれても前に進み続けることだ」

『ロッキー・ザ・ファイナル』より

 

そのセリフがあなたに響く理由、わかるわ。
ヨッメ

 

サツキ
??

 

だってあなたの人生、重すぎるパンチの連続じゃん。
ヨッメ

 

CHECK
【給料は?勤務時間は?】デリヘルドライバーのバイトをしていた時のお話【実体験】

続きを見る

CHECK
【黒歴史】mixiの思い出【戦場のメリークリスマス】

続きを見る

 

サツキ
/(^o^)\

 

 

フィラデルフィア美術館

 

駅から歩くこと、およそ30分。

ついに、フィラデルフィア美術館に到着しました。

 

おおっ。壮観ね。
ヨッメ

 

サツキ
想像してたよりめっちゃデカいな…。

 

フィラデルフィア美術館とは

全米有数の規模を誇る美術館。

ゴッホの『ひまわり』、セザンヌの『大水浴』などを所蔵。

正面階段は『ロッキー・ステップ』と呼ばれている。

 

美術館の周辺は、多くの観光客で賑わっていました。

ガッツポーズして写真を撮る人、シャドーボクシングをする人…。

中には、階段で腕立て伏せをする人の姿も。

みんなそれぞれ、思い思いの『ロッキー』を楽しんでいました。(マジです)

 

そんな中、僕と妻は『ロッキー・ステップ』をのぼっていきました。

 


ハア、ハア…。
けっこう険しいのね…。
ヨッメ

 

サツキ
いったい何段あるんだ…。

 

 

階段をのぼり切った時、僕も妻も息を切らしていました。

 

しかし。

ふり返った先に広がる景色を見て、疲れなんて一瞬で吹き飛びました。

 

 

いい眺めね。
ヨッメ

 

サツキ
言葉に詰まる。

 

 

ふと足元を見ると、ロッキーの足型が

 

持参したスウェットにお着替え。

 

 

そしてー。

 

 

 

フィラデルフィアの街に向かって、念願のガッツポーズ

 

長年の夢が、ついに叶った瞬間でした。

 

おめでと。
ヨッメ

 

サツキ
あなたのおかげです。

 

その後。

僕と妻は、日が暮れるまで美術館の階段に座っていました。

 

何をするわけでもなく、ただぼんやりと街を眺めるだけの時間。

最高に幸せなひとときでした。

 

帰る時、ポリ袋に空気を入れて持ち帰った人。
正直に手あげて。
ヨッメ

 

サツキ
はい…。

 

 

おまけショット①
海外の人、ノリよすぎ

 

おまけショット②
美術館の敷地内にはロッキーの銅像も

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

今回は、新婚旅行でフィラデルフィアに行った話をお届けしました。

 

人それぞれ、誰にでもある”聖地”。

そこへ行くと、人は何を思い、何を感じるのか。

この記事を通して、それが少しでも伝わったら嬉しく思います。

 

みなさんの”聖地”は、どこにありますか?

 

サツキ
今回はここまで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

P.S.

旅行4日目にラスベガスへ。

マカオ行きを熱望していたヨッメは、そこでカジノを満喫していました。

 

ポーカーでめっちゃ勝った。
たぶん、みんなのお土産代くらいにはなる。
ヨッメ

 

サツキ
(底知れねえなこの人…)

 

 

おしまい。

 

 

⬇︎ロッキーシリーズは全作品、アマゾンプライムビデオで見放題!

 

 

⬇︎当ブログの更新を知るにはBlog Mapが便利!

 

⬇︎ランキング参加中。ポチッと応援お願いします!ブログランキング・にほんブログ村へ




\フォローとシェア飛んで喜びます!/

サツキブログ. - にほんブログ村

 

-体験談

© 2022 サツキブログ. Powered by AFFINGER5