【費用は?騒音は?】自宅に全自動麻雀卓を導入。気になる疑問にお答えします。【動画あり】

2021年4月25日

 

 

悩む人
全自動麻雀卓の購入を考えてます。
費用はどれくらいかかるんだろ?
やっぱり騒音はヒドい?
実際に買った人の話を聞いてみたいな…。

 

そんな悩みはありませんか?

 

 

 

ねぇよ。
ヨッメ

 

サツキ
で…ですよね!
それでは、また!

 

 

-FIN-

 

 

…ってわけにはいかないので、話を続けます。

 

この記事を書いている僕は、2015年に全自動麻雀卓を購入しました。

マイホームを契約したタイミングで、「一生のお願いです…!」と妻に懇願。

 

大和田常務ばりの長い土下座の末、
なんとか許しを得られ…

 

夢にまで見た麻雀ルームが爆誕。

 

ハァ……。
(クソデカため息)
ヨッメ

 

サツキ
……。

 

4LDKが3LDKになったんだが?
ヨッメ

 

サツキ
……。

 

ということで。

今回は、『全自動麻雀卓を買ったお話』をシェアしたいと思います。

 

この記事はこんな方にオススメ

自動卓の購入を検討している

自動卓についてアレコレ知りたい

オススメの自動卓を教えてほしい

ヒマでヒマで仕方がない





自動卓の導入にかかった費用

 

結論から言うと、自動卓の導入にはトータルで15万円かかりました。

 

サツキ
内訳は次のとおりです。

 

自動卓本体 99,800円
送料 10,000円
椅子 20,000円
(一脚5,000円×4)
サイドテーブル 4,000円
(1台2,000円×2)
その他 15,000円
合計 約150,000円

 

順に詳しく見ていきましょう。

 

 本体:99,800円

引用:Amazon

 

購入したのは、『MJ-REVO 静音タイプ』。

家庭用自動卓の定番、『MJ-REVO』シリーズの2015年モデルです。

 

購入先はAmazonで、価格は99,800円

送料は10,000円でした。

 

サツキ
余談ですが、屈強なお兄さんが2人がかりで搬入してくれました。

 

現在、このモデルは生産を終了。

代わりに、より高性能な後継機が販売されています。

 

 

 

 椅子:20,000円(一脚5,000円×4)

 

椅子はオフィスチェアを買いました。

値段のわりに丈夫で、座り心地もまずまず。

 

サツキ
コスパ◎。

 

 

 サイドテーブル:4,000円(1台2,000円×2)

 

ホントは⬆︎のようなサイドテーブルが欲しかったのですが、高すぎて断念。

 

仕方なくスチールラックを購入して、サイドテーブルに見立てました。

 

 

サツキ
見た目は本物に劣るけど…
まあ、機能的には申し分なし!

 

 

その他:15,000円

 

その他に買った備品類を紹介します。

 

 

 

 


 

……。
ヨッメ

 

サツキ
……。

 

ずいぶんとムダ使いしてるわね?
(何が備品類よ)
ヨッメ

 

サツキ
つ、つい財布の紐がゆるんじゃって……。

 

以上、自動卓を導入するのにかかった15万円の内訳でした。

 

朗報

ここ数年、自動卓の小売価格は下がり続けています。

最近では6万円台(!)で買える自動卓も。

著者のように無駄使いしなければ、一式を10万以内で揃えるのも夢ではありません

 

6万円台で販売されている自動卓。
新品では最安値(たぶん)

 

 

自動卓の気になるアレコレ

 

ここからは、自動卓の気になるアレコレにお答えします。

 

【Q】自動卓って、やっぱりうるさい?

 

百聞は一見にしかず。

実際の洗牌音をお聞きください。

 

 

いかがですか?

かなり静かですよね。

 

それもそのはず、『MJ-REVO』の騒音値はおよそ55db

洗濯機や掃除機(ともに60db)よりも静かなんです。

 

サツキ
夜中に使っても、まず近所迷惑にはなりません。

 

あなたと取り巻きの笑い声の方が、よっぽど近所迷惑よね。
ヨッメ

 

サツキ
……。

 

『自動卓はうるさい?』のアンサー

うるさくない。

麻雀で盛り上がってる人たちの笑い声の方が、よっぽどうるさい。

 

 

【Q】自動卓を置くのに、部屋の広さはどれくらい必要?

 

一般的な自動卓で、縦横のサイズは90〜95㎝ほど。

それを大人4人が囲むわけなので、自動卓を置く部屋の広さは、最低でも6畳は必要です。

 

ところで、うちが自動卓を置いてる部屋って何畳なの?
ヨッメ

 

サツキ
5畳

 

足りてないじゃん。
ヨッメ

 

『必要な部屋の広さは?』のアンサー

最低でも6畳。

ただし、著者宅のように5畳でもギリいける。

 

追記

僕のブログ仲間のぽにさんが、こんな情報をくれました。

 

_人人人人人人人人人人_
> 4畳でもいける! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄




【Q】組み立てはカンタン?

 

超カンタンです。

スタンドに卓本体を乗せて、ネジで固定するだけ。

5分で終わります。

 

ただし…

自動卓は、平均で40〜60キロあります。

組み立てを1人で行うのはほぼ不可能。

必ず誰かの手助けが必要です。

 

サツキ
その節は、ホントにありがとうございました。

 

二度とやらん。
ヨッメ

 

 

【Q】組み立てが終わったらすぐ使える?

 

すぐ使えます。

コードをコンセントに差して、電源ボタンを入れるだけ。

 

サツキ
面倒くさい初期設定とかはいっさいナシ!

 

 

【Q】メンテナンスは必要?

 

必要です。

…といっても、麻雀牌と機械内部を定期的にタオルでふく程度でOK。

 

サツキ
すごく楽。

 

 

【Q】3人麻雀はできる?

 

できます。

機械内部にあるボタンで、モードを切り替えるだけ。

 

ちょっとわかりづらい位置にある。

 

拡大写真

 

数字を変えることで、
3人麻雀以外にも多彩なモードが楽しめる。

 

サツキ
『MJ-REVO』の場合、モードは全部で39種類。
はっきり言って、使いこなせません。

 

 

【Q】機械内部で牌が積み上っていく映像が見たい!

 

お任せください。撮ってきました

 

 

これ、どういう仕組み?
ヨッメ

 

サツキ
わからない。

 

(それを調べて伝えるのがブロガーの役目だろ…)
ヨッメ

 

⬇︎自動卓の仕組みが気になる方は、コチラの記事を参照ください。(他人まかせ)

 

 

自動卓のメリットとデメリット

 

思いつく限り、ザッと並べてみました。

 

自動卓のメリット

雀荘に通う分のお金が浮く

麻雀仲間が増える

時間を気にせず打てる

遊び終わったあとにタバコくさくならない

ちょっとした有名人になれる

 

 

自動卓のデメリット

ひと部屋潰れる

それなりに初期費用がかかる

たまり場になりがち

家族から白い目で見られがち

完全なる3密

故障した時の修理代が高い

 

といったところです。

 

サツキ
一長一短。

 

 

結局、どの自動卓を買えばいいの?

 

ここまで、自動卓についてダラダラと語ってきましたが…

みなさんが一番気になるのは、『結局、どの自動卓を買えばいいの!?』ってことですよね。

 

サツキ
結論。
10万以下の自動卓で充分

 

価格帯 特徴
10万以下 中国製
必要最低限の機能。
自宅麻雀を手軽に楽しみたい人向け。
10万〜20万 中国製or日本製
ワンランク上の家庭用タイプ。
点数表示の機能がついたり、USBソケットがついたりする。
20万〜40万 日本製
雀荘で使われているタイプ。
見た目も高級感があってカッコいい。
それ以上
自動配牌、自動ドラめくり、あらゆる機能を搭載。

 

10万以下の自動卓の多くは中国製ですが、クオリティは普通に高いです。

静音性は高いし、動作もスムーズ。

なにより、意外と丈夫です。

身内で麻雀を楽しむ分には、まったくストレスなく使えます。

 

 個人的にいいなと思った10万以下の自動卓。
折りたたみ式で、牌のサイズが日本仕様なのもGOOD。

 

ワンランク上の自動卓をお求めの方はコチラ。
点数表示つき、3年保証。

 

雀荘で使われてる本格タイプをお求めの方はコチラ。

 

究極の自動卓をお求めの方はコチラ。

 

ピンキリね。
ヨッメ

 

サツキ
自動車なみに値幅が広い。

 

結局、どの自動卓を買えばいいの?

10万以下の自動卓で充分

(予算に余裕がある方は、点数表示つき自動卓の購入がオススメ)

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、『全自動麻雀卓を買ったお話』をシェアしました。

 

かつては、1台あたり30万〜50万が相場だった自動卓。

カンタンに手が届く代物ではなく、僕を含め、多くの雀ゴロが手積み麻雀を強いられていたはず。

 

それが今となっては、誰でも10万円以下で手に入る時代に。

しかも、昔と比べて動作も性能もケタ違い。

麻雀愛好家にとって、めちゃくちゃいい時代になったものです。

 

とはいえ、購入するには何かと弊害が多いのが自動卓。

費用、置き場所、家族の理解…

現実問題、自宅に導入するのは難しいですよね…。

 

そんな悩めるあなたへ。

僕からひとつ提案があります。

 

サツキ
ぜひ、『ブロガー麻雀同好会』に入部しませんか!?

 

https://twitter.com/satsuki00001/status/1497769597616852992

 

ブロガーであれば、誰でもウェルカムなコチラの会。

 

スペースしながら麻雀ゲームをやるだけ

スペースの出入り自由

スピーカーのON・OFF自由

 

って感じで、ゆる〜く活動中。

 

自動卓を買わなくても、思う存分麻雀を楽しめちゃいます!

しかも、ネット対戦なので感染リスクもゼロ!

 

_人人人人人人人人人人人人人人人人_
もちろん、麻雀初心者・未経験者大歓迎!
 ̄Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

サツキ
入部をご希望の方は、僕のTwitterにリプかDMをお願いします!

 

えっ…。
何の記事だったのこれ…。
ヨッメ

 

 

 

愉快なメンバーが、あなたの入部をお待ちしています!

 

 

 

おしまい。

 

⬇︎当ブログの更新を知るにはBlog Mapが便利!

 

⬇︎ランキング参加中。ポチッと応援お願いします!ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【おまけの1枚】
いつか、ブログ仲間とリアル麻雀打ちたいなあ…

 




\フォローとシェア飛んで喜びます!/

サツキブログ. - にほんブログ村

 

-雑記

© 2022 サツキブログ. Powered by AFFINGER5